『』瞳は、夫亡き後も生涯一人で生きていく事を決意、貞操を守り続けていた。ある日、夫の連れ子・翔太の悪友・平井が来訪、なんと自